ライト類の注意しておきたいところ

バイクでカスタムすることが多い箇所に、ライトが挙げられます。ただ、この部分は安全性にも大きく関わるパーツなので、車検でも厳しく検査されるところでもあるのです。特に素人がカスタムをした場合に起こるのが軸のズレです。ヘッドライトが少しでも上下左右にブレていれば、それだけで車検に通らないです。他にもブレーキランプやウィンカーなども色が決まっていますから、見た目が良いからと勝手に変えてしまわないようにしましょう。最近では、商品の説明書きに車検に通るものかどうかの表記がある場合も珍しくないです。不安ならそのようなパーツを選ぶようにしておくと失敗が少ないです。

マフラーも要注意です

基本的にどのバイクを購入したとしても、マフラーはボルトで固定されているだけです。そのためカスタムするのが簡単な反面、車検で指摘されてしまうことも多いです。要注意なのは、社外品と呼ばれるマフラーと交換した場合です。排気音はもちろんですが、排出されたガスに関しても規定が設けられています。純正品であればそのことも考慮して作られているものの、それ以外のマフラーをつけると逸脱する確率が上がります。そしてマフラーをカスタムした際に難しいのは、車検に通るのか否かを聞いたり見たりするだけでは判断できない点です。専門の機械を使わなければ調べられないため、車検を請け負っているバイク屋さんで相談しておくのが良いです。それが無理なら、バイクと同じメーカーが作っているマフラーを選ぶようにしておきたいです。

ただでさえ我が強いバイク乗りの自己主張を含めた表現方法としてバイクのカスタムが有ります。方向性はオーナーの自由。あえて汚くするカスタムも存在します。