移動中に使うなら音漏れしないタイプを選ぼう

通勤通学の電車の中など、外で利用することを目的にヘッドホンを購入する場合、どのようなものを選べばいいのでしょうか。まず、電車の中で装着するということであれば、やはり音漏れの有無がポイントになります。音漏れがひどいヘッドホンを選んでしまうと、満員電車の中でほかの乗客に文句をいわれるといったトラブルに発展する可能性があるからです。

ただ、頭にかぶせるタイプである「オーバーヘッド型」と呼ばれるヘッドホンの場合、選ぶのであれば耳を完全に覆うタイプから探すことになりますが、その中でも音漏れがしないものはかなり高価になってしまいます。数万円の予算を組まないと満足できる商品を買うのは難しいでしょう。

もし、一万円未満の予算で探したいということであれば、耳に入れるカナル型のイヤホンから探した方がいいです。

自分の部屋だけで使うなら選択肢はかなり増える

自分の部屋で使うので、音漏れの有無はまったく気にしないというのであれば、選択肢はかなり広くなります。オープンヘッド型から選ぶ場合、耳を完全に覆うものだけではなく、耳に乗せるタイプのオープンエアと呼ばれるものも選択肢に含められるでしょう。オープンエアのヘッドホンは、耳を覆うタイプのヘッドホンと比べて音質がいいといわれており、レコーディングスタジオでエンジニアやミュージシャンが使うヘッドホンは、オープンエアのものが多いです。

近所から騒音が聞こえるので、それを遮断する役割としても使いたいということであれば、ノイズキャンセリング機能を持つヘッドホンを選ぶといいでしょう。ヘッドホンにマイクがついていて、そこで拾った騒音を分析し、音楽とは別にその音を打ち消す音をヘッドホンから流すという仕組みになっています。

引越しなどで不要となったオーディオを処分するなら、オーディオの買取に出すことをおすすめします。オーディオによっては、古くなっていても価値があるものも多いので、高値で買取を行ってもらえることもあります。