バスツアーの昔と今の違い

バスツアーというのは、その時期や時代に上手く対応していきながら多くの人を楽しませています。昔ながらのバスツアーと言えば、バスガイドさんの説明を楽しみにして参加する人が多い傾向でした。バスガイドさんによってはカラオケなどで陽気に歌ってくれる人もいましたし、皆で旅を楽しむという思いが強くありました。それが今の時代では少し変わって、皆で楽しむというよりも景色やその土地を楽しみにしている人が多いので、わりとバス内は静かな雰囲気を保っている場合が多いです。複数の人が同じ空間にいるのですから、盛り上がりたい人もいればそうではない人もいるので、その部分を尊重するようになったのです。

日帰りバスツアーの魅力

日帰りのバスツアーの場合、朝はかなり早くの集合になります。そこで遅刻などをしてしまうと他の参加者に迷惑がかかってしまいますし、大幅に遅れてしまう場合は参加できない場合もありますので注意が必要です。集団行動の基本になりますので心得てから参加しましょう。日帰りは朝は早くても夜はそこまで遅くまではいられませんので、楽しさを凝縮したツアー内容になっています。簡単にその土地を楽しめるように現地に何度も出向いていい場所やおいしい食事などを見極めていきます。だからこそ味わえる極上のツアーが盛りだくさんになっています。子供からお年寄りまでももちろんですし、最近では一人でツアーに参加する若者も増えてきていますのでバスツアーはこれからも進化していくのです。

日帰りのバスツアーを東京発で使う際の主要出発地は、東京駅・新宿駅といったターミナル駅が多いのが特徴です。