現行は大きく分けて4種類

現行のボルボV40は2013年に日本で発売され(前期モデル)、日本では一番売れているボルボの車になります。2016年にはヘッドライトにトールハンマー型LEDライトを採用したフェイスリフト版モデルが発売されました(後期モデル)。現行というのはフルモデルチェンジから次のフルモデルチェンジの間のモデルになるので前期後期ともに現行タイプになります。
またV40クロスカントリーというモデルはあり、V40にオフロード性能を備えたモデルになっています。余談ですが、ベースとなったV40よりも乗り心地がいいとの評判です。
上記を踏まえてV40の前期後期、V40クロスカントリーの前期後期が現行型になるのです。

狙い目は2014年モデル以降

V40、V40クロスカントリー共に2014年モデルから従来装備されていた自動ブレーキに自転車検知機能が搭載されました。また上級グレードにはナビが標準装備されており、他のグレードにも新しくナビゲーションパッケージというパッケージオプションが設定されたので、ナビの装着率が非常に高くなっています。後期モデルはエントリーグレードを除きナビが標準になっているので、ほとんどのモデルにナビが付いていると言ってもいいでしょう。
このクラスの輸入車は試乗車や展示車が中古市場に流れることが多く、オプションも結構ついていることが多いので、新車で買うよりも安く手に入れることができ、認定中古車なら新車とほぼ変わらないサービスを受けることができます。

ボルボは北欧スウェーデンンの自動車メーカーであり、ボルボの中古車を探す場合はインターネットを活用することが効率的です。